こんにちは(*^-^*)

今日はここ2年ほど悩んでいたことについて書いてみようと思います。

それは子供の発音について。

英語でも中国語でもなく、日本語の発音ですよ(^▽^;)

具体的に言うと、「か行(カ行)」です。その中でも「き」「け」の発音ができなかった・・・。

周りからは「いつかは治るのだから心配いらない」と言われていましたが、ママとしては気になる。

今日はそんなお話です。



スポンサーリンク



「き」が「ち」に「け」が「ちぇ」なっちゃう

我が家には5歳の娘がいます。

言葉をしゃべるようになってから、「き」と「け」の発音がおかしいことに気付きました。

「き」は「ち」に、「け」は「ちぇ」と発音している・・・。

娘が発音するとこうなります。↓

今日 ⇒ ちょう 
救急車 ⇒ チューチューしゃ
金太郎 ⇒ ちんたろう
なんだキミは ⇒ なんだチミは
けんけんぱ ⇒ ちぇんちぇんぱ
宮沢賢治 ⇒ 宮沢チェンジ
信用金庫 ⇒ しんよう〇んこ・・・(◎_◎;)これはダメダメ!

こんな感じ。

おかげで大好きなプリキュアも・・・

キラキラ☆プリキュアアラモード

ラ☆プリチュアアラモード

全然言えません・・・( ;∀;)


ちなみに「ぎ」と「げ」についても「じ」と「じぇ」になってしまいます。

そのため・・・

牛乳 ⇒ じゅうにゅう
ギンギラギン ⇒ ジンジラジン
ゲーム ⇒ ジェーム
ゲゲゲの鬼太郎 ⇒ じぇじぇじぇのちたろう・・・あまちゃんか!!


3歳くらいのときには、こんな発音も可愛いな~、面白いな~なんて思っていました。
親っていうのは不思議なもので、自分の子供の言っていることは発音がおかしくてもちゃんと聞き取れるので会話には困らないし、娘のお友達にも同じように発音している子が何人かいたので、そんなに心配もしていませんでした。

が、4歳になり、5歳になり・・だんだんとお友達の発音は直っていき、ついにうちの娘だけがこの発音のまま・・・。
周りはみんな「可愛い期間が長くていいじゃん、大丈夫だよ」なんて励ましてくれるわけですが、とにかく本当に心配でした。

いつ直ったのか

さて、5歳になってもちっとも直る気配のなかった娘の発音でしたが、、、

ついに直りました(≧▽≦)

しかも 完璧に!!Σ(゚Д゚)


うちの娘の場合、5歳になって3か月ほど経ったころ にちゃんとした発音ができるようになりました(*^-^*)


驚くことに、予兆なし です(@_@)

徐々に、ではなく突然完璧な発音で話すようになりましたΣ(・ω・ノ)ノ!


え?昨日の夜「おつちみ(お月見)」って言ってなかった?? 

昨日の今日でいきなりですか!!ホントに?? って、そんな感じでした(*’ω’*)

特になんのトレーニングもしていないし、歯医者さんに行ったりもしていないです。

あまりに突然直ったので、本当にビックリしました。


娘はというと、

ハピ子(娘)ハピ子(娘)

5歳になったからじゃない?もう大きくなったからさー。

と、当然のような顔をしておりましたね・・・ 昨日までのアナタだったら「大きくなった」も「おおちくなった」って言ってたよ絶対!子供はあっさりしてんな~(;´∀`)


でも、娘の言うこともあながち間違ってない気がします。

なぜなら、

今思い返してみると、5歳になった月から3か月間で急激に身長が伸びたから!!

4歳の後半はしばらく身長に変化がなく停滞している状態だったんですが、5歳になったとたんにまた身長が伸びはじめました!!!
これって関係してそう!!

もしかしたら、身長が伸びるのと同じように、舌の長さであったり、口の中の形であったり、顔の骨格であったり・・・
少しずつ大人に近づいたことで発音が可能になったのではないかと。


つまり 技術的な問題ではなく、物理的に発音ができるようになったのかもしれない なぁと思います。
あくまで推測ですけどね。

最後に

子供の発音のことで、同じように不安になっているママさんは多いんじゃないかと思います。
本当に心配ですよね。

でも、ある日突然直ることもあるのだということを知ってもらいたくてブログに書いてみました。

もちろん、ただの一例にしか過ぎませんが、私自身すごく悩んでいたことだったので、少しでもご参考になれば幸いです(*^-^*)