こんにちは(*^-^*)

強烈な睡魔に襲われることってありませんか?

私は最近、寝不足の日が続いたことで、昼過ぎにはついフワフワとしてしまうことが多いです。

デスクワークって、どうしてこう眠たくなるのでしょうね・・・。


思い返してみれば、学生時代には、黒板の文字をノートにとりながら・・・ウトウト・・・

ハッと気づいた時には、ミミズのような字が、ノートから机へと、勢いよく這い出していたのを思い出します(^^;)


大事な時にも、容赦なく襲ってくる眠気は、本当に困りますよね。


そんなわけで、眠気を覚ますために、何かやれることはないかと調べてみました。


気分転換にお散歩したり、シャワーを浴びたり、そういう方法もありますが、、、

今回は、「座ったままの状態で、眠気に耐えなければいけないシチュエーション」に絞って、眠気を撃退する方法を、ご紹介したいと思います。


授業中やデスクワーク中など、座ったままで、しかもあまり目立つことなくできる方法16個集めてみましたよ。


念のために言っておきますが、「普段から良質な睡眠をとる」ことが、1番の眠気対策であることは間違いありません。

睡魔を寄せ付けない、規則正しい生活を心掛けましょう。


とは言え、このご時世、生活パターンも忙しさも、人それぞれですよね。

どうしたって、眠気と向き合わないといけない時はやってきます。

そんな時に、参考にしていただければ幸いです。



スポンサーリンク


呼吸で睡魔に勝つ!

眠くなる要因のひとつとして、脳の酸素不足があるようです。

足りていない酸素を、取り込んであげることで、脳が活性化して、眠気を吹き飛ばせるかもしれません。

【その1】深呼吸をする



脳に酸素を行き渡らせるように、鼻からゆっくりと深呼吸をしましょう。

その際は、森の中などをイメージして、爽やかな気分で深呼吸をしてみてください。

リラックスできて、スッキリしますよ。

【その2】あくびをする



あくびというと、眠気促進のイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、むしろ眠気解消の作用を期待できます。

なぜならあくびは、一気に大量の酸素を脳に送ることができるためです。

しかも、大きく口を開けることで、顔や顎の筋肉が刺激されて、目を覚ます手助けとなります。

とは言え、大きな口であくびをしていると、先生や上司から怒られてしまうかもしれません。

両手で口と鼻の周りを覆って、周囲に気づかれないようにしましょう。

【その3】息を止めてみる



自分でちょっと苦しいな、と思うくらいまで息を止めてみます。

苦しさと、その後に吸い込む酸素とで、眠気の解消を期待できます。

息を止めるのは、あくまでも”ちょっと”苦しいな、くらいにしておきましょう。

息を吸い込む際も、一気には吸い込まず、意識してできるだけゆっくりと吸い込むようにしましょう。


やりすぎは、体調不良かと心配されて、目立ってしまう恐れがあるだけでなく、失神などの万が一の危険も考えられます。

無理なく、ほどほどに試してみてください。

物理的刺激で睡魔に勝つ!

呼吸を意識しても、眠気が吹き飛ばない場合、物理的な刺激がいいかもしれません。

【その4】ツボを刺激する

眠気に効くとされているツボを調べてみました。

実際に眠気が襲ってきた時に試してみたところ、以下に紹介している5つのツボの中では、個人的には「風池」が一番効果があったような気がします。

効き方は人それぞれだと思うので、眠たい時に試してみましょう。

これだ!というツボを見つけてみてください。

合谷(ごうこく)



合谷は、手にあるツボです。

ツボの位置は、人差し指と親指の骨が交わった部分から、やや人差し指よりのところだそうです。

触って小さなくぼみがある場所のようですが、私にはそのくぼみはよくわからず・・・(^^;)

ですが、人差し指と親指の間って、揉んでみると、すごく気持ち良いんですよね。

ツボがはっきりとわからなくても、気持ち良い程度にグリグリと揉んでやると、リフレッシュが期待できるのではないでしょうか。

ツボがちゃんとわかる人は、狙って押してみてください。より効果が期待できますね。

中衝(ちゅうしょう)



中衝も手にあるツボです。

中指の爪の付け根(生え際)の、人差し指側にあります。

反対側の親指と人差し指とで、中指をギュッと挟むようにして、押したり揉んだりします。

試しに親指から小指まで、すべて同じように揉んでみましたが、どの指も気持ち良いですね。

指先には「井穴(せいけつ)」と呼ばれるツボのグループがあるそうですよ。

専門家ではないので、細かくツボを紹介することは控えますが、中指以外の指先も、揉んでおいて損はありません。

労宮(ろうきゅう)



手のひらの真ん中にあるツボです。

ツボの位置は、ギュッとこぶしを握った時に、中指の先があたる場所です。

反対側の親指でグッと押します。

痛気持ちいいですね。

百会(ひゃくえ)



頭のてっぺんにあるツボです。

具体的には、左右の耳を結んだ線と、目と目の間から後ろに向かってのばした線が交差する場所です。

小さい頃に、「頭のてっぺんを押すと下痢になる」という噂があったので、ちょっと気になって調べてみたのですが、それは全くの迷信だそうですよ。

なんとなく百会を押すのを、ためらってしまいましたが、心配しなくてよさそうですね。

百会は「万能のツボ」とも呼ばれるほど、幅広い効果を期待できるツボのようなので、むしろ積極的に押したいですね。

睛明(せいめい)



目頭付近にあるツボです。

鼻のつけ根の両端、目頭の先端のくぼみあたりにあります。

両手の人差し指の腹で、鼻を挟むように押します。

もしくは、片手の親指と人差し指で、鼻を挟むように押しましょう。

私は昔から、疲れを感じた時に、目頭のあたりを押さえたり、グリグリと刺激をしていました。

あなたの周りでも、よく目頭を押さえている人を見かけませんか?

どうやらその動作は、理にかなっているようです。

ちなみに睛明は、鼻水や鼻づまりにも効果があるようですよ。

風池(ふうち)



うなじにあるツボです。

首筋より少し外側で、うなじのくぼみの部分、髪の生え際ちょっと上あたりにあります。

後頭部を両手で支えるような形で手を置き、親指で押します。


多少動作が大きくなり目立つので、タイミングを見計らって、指圧してみましょう。

首のコリがほぐれるような感じがして、とても気持ちいいです。

指圧した後の余韻も気持ちよく、個人的には風池が一番効果がある気がしました。

耳をマッサージする



耳にはたくさんのツボがあると言われています。

耳をひっぱったり、揉んだりするのもいいのではないでしょうか。

実際に眠い時に、耳を揉んでみると、頭がスッキリする感じがしましたよ。

スポンサーリンク

【その5】痛みを与える

痛みでなんとかする作戦です。

多くの人が、一度はやっているのではないでしょうか。

ここで、悪い例をひとつ。

髪の毛を抜いて眠気をこらえていたら、円形脱毛になってしまった、という人を知っています。

よくよく聞いてみると、毛抜きがクセになってしまったから、ということでした。

はじめは眠気をこらえるために髪の毛を抜いていたのに、そのうち抜くこと自体がクセになり、ある時、1か所を集中的に抜きすぎて、円形脱毛になってしまったようです。

何事もやりすぎは禁物です。


というわけで、痛み編です。

シャーペンでつつく



私が当時よくやっていた方法がこれです。

シャープペンシルなどの尖った先端部分を、手の甲や腕にグッと押し当て、その痛みで眠気を飛ばす方法です。

とは言っても、私の場合は、「眠気>痛み」となってしまい、あまり効果がなかったような・・・。

それでもやっていたのは、手軽さゆえです。

当たり前ですが、やりすぎると皮膚を傷めます。

つねる



こちらもシャーペンと同様、痛みによって眠気を解消する方法です。

頬や手の甲など、つねりやすい部分をギューッとつねって眠気に対抗します。

つねりすぎは、青あざになることもあるので注意しましょう。

毛をぬく



毛が抜ける時の、チクッとした痛みで眠気を飛ばします。

枝毛、白髪、髭など、自分の中で、抜いてもいいと思う毛を抜きます。

ですが、あまりおすすめはしません。

先ほども書きましたが、髪の毛を抜くのがクセになってしまう人もいます。

それに、傍から見ていても、気持ちのいいものではないですから、評判を落としかねません。

「あの人、抜いた毛を床に落としてて、気持ち悪いんだけど・・・」なんて噂がたつかもしれませんよ。

どうしてもという時に、1本くらい抜いてみるのはいいかもしれません。

【その6】メントール(ハッカ)の力を借りる



メントールのスーッとする清涼感は、眠気を覚ますのにピッタリです。

タイガーバームやメンソレータムを、手の甲などに塗り、眠い時に鼻を近づけて香りを嗅ぐようにするといいでしょう。



↑ こちらのノーズミントのように、眠気解消に特化した商品もあるようです。


ちなにに、私のおすすめはこちら ↓
スプレータイプのハッカ油です。



手の甲にスプレーして香りを嗅ぐことが多いですが、ハンカチやマスクにスプレーして嗅いでも効果があります。

夏は虫よけとしても使えるので、おすすめです。


ちなみに、上記すべてのメントールの軟膏やオイルは、直接目の下などにつけると、刺激が強すぎます

涙が止まらなくなったり、ピリピリとした激痛に見舞われることがあるので、気を付けてください。

授業や仕事どころではなくなってしまうかもしれませんよ。


会社や学校のルール上、大丈夫なようであれば、清涼菓子を食べるのも良いと思います。

フリスクやミンティアのようなタブレットや、ミントのガム、ハッカの飴などです。

メントールではないですが、梅シートなどの、すっぱい味のものも効果がありますよ。

【その7】目薬をさす



目薬をさすことで、シャキッと覚醒できるかもしれません。

清涼感のある、クール系の目薬を選べば、よりスッキリとしますね。

眠気だけでなく、目を乾燥から守れるので、常に1本持っておくといいですね。

【その8】香り



眠気解消に効果的とされている香りは、たくさんあります。

ペパーミント、ローズマリー、ユーカリ、ジュニパー、レモンなどなど、他にもいろいろとあります。

これらのアロマオイル(エッセンシャルオイル)をハンカチに1滴たらして、眠くなった時に嗅いでみましょう。

アロマオイル以外でも、自分の好きな香りの香水などがあれば、それを利用するのもいいですね。

メントールのところにも書きましたが、ハッカ油もおすすめです。

スーッと爽やかな香りがして、気分も爽快になります。

スポンサーリンク

メンタルで睡魔に勝つ!

眠気を覚ますのに効果的なのは、なにも直接的な刺激だけではありません。

自分の気持ちを奮い立たせて、覚醒することもできるのではないでしょうか。

喜怒哀楽、羞恥心、恋心までも、フルに活用してみましょう。

【その9】過去の出来事を思い出す

楽しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、辛かったこと、憤慨したこと・・・

過去の印象に残っている出来事を、細かく思い出してみましょう。

特に私がおすすめしたいのは、「恥ずかしかった出来事」です。

消し去りたい過去も、たまには役に立ちますよ。

いつの間にか眠かったことも忘れていることでしょう。

ただ、授業中(仕事中)だということは、忘れないでくださいね。

【その10】頭の中で音楽を奏でる



好きな歌や演奏などを、頭の中で再生してみましょう。

好きなアイドルの歌を、ダンスの振り付きで思い描けば、ノリノリになって眠気も吹き飛ぶはず。

ついつい鼻歌で声に出してしまわないように、気を付けてください。

【その11】好きな人のことを想う



好きな人に思いを馳せましょう。

きっとドキドキして、眠気も吹き飛ぶはず。

※集中力は欠ける恐れあり・・・。

座りながらできる軽い動作で睡魔に勝つ!

長時間同じ姿勢をしていると、眠気も出てきて当然です。

座っていてもできる軽い運動や動作で、気分転換をしましょう。

【その12】手足の指を動かす



手足の指をグーパーしたり、手首や足首を回してみましょう。

また、指や手首を引っ張ったり伸ばしたりして、軽くストレッチをするのもいいですね。

指先を動かすことで、血流がよくなり、眠気の解消が期待できます。

一人じゃんけんなどの手遊びも効果的です。

やり方は、片方の手が、もう片方の手に、常に勝つようにじゃんけんをします。

その他にも、手遊び・指遊びはたくさんあるので、あらかじめ調べて覚えておくと、役に立つかもしれませんね。

【その13】姿勢を正す



正しい姿勢を意識して座るのも、かなり筋肉を使うので、眠気を飛ばせます。

女優さんやモデルさんになった気分で、キレイな姿勢で座るように心掛けてみましょう。

自分の憧れの人をイメージすると、眠たくてぐでっとなっていた姿勢も心も、スッと整うはずです。

【その14】表情を変化させる



顔の表情を変化させてみましょう。

凝り固まっていた顔の筋肉がほぐれ、眠気も引いていきます。

顔のパーツをすべて中心に集めるイメージで、ギューッと寄せて「酸っぱい顔」をした後、今度はパッと外側に開くイメージで、目も口もいっぱいに広げ「ビックリした顔」をしてみてください。

パッと開いた時に、眠気も飛んでいくことでしょう。

とは言え、どこから見ても変顔なので、両手で顔を覆うなり、マスクをするなりした上で、タイミングを見計らって、やってください。

体温調節で睡魔に勝つ!

ポカポカと暖かい昼下がり、とっても気持ちは良いですが、ついつい眠くなってしまいますよね。

教室やオフィスのエアコンの温度を、低く設定できれば一番良いですが、大勢がいる中では難しいですよね。

そんな時は、自分自身の体温を下げてみましょう。

【その15】衣服や靴を脱ぐ



カーディガンやジャケットなどを、1枚脱いでみましょう。

他にも、靴や上履きを脱いだり、服の袖をまくってみるのもありです。

体温が少し下がって、頭がスッキリしますよ。

【その16】首筋を冷やす



暖かくてボーッとする時は、首筋を冷やしてみましょう。

冷えピタなどを貼ると効果的です。

メントールのところでもご紹介した、ハッカ油やタイガーバームなどを、ごくごく少量、首筋に塗るのもいいです。

※ただし、かなり強力なので、その後に寒気を引き起こす可能性もあるので注意してください。ハッカ油で実体験済み・・・。

そういうものが無い場合は、手のひらで冷たい場所(机の鉄の部分など)をペタっと触り、その後その手を首筋にあてれば、少しひんやりしますよ。

最後に

眠気を覚ます方法を、いくつかご紹介してきたわけですが、実際にやってみてどうでしたか?

完全に眠気を無くすのは難しくても、”マシ”にはなったのではないでしょうか

ここで、軽くおさらいをしておきましょう。

  1. 呼吸
  2. 【その1】深呼吸をする。
    【その2】息を止めてみる。
    【その3】大胆にあくびをしてみる。

  3. 刺激
  4. 【その4】ツボを押してみる。
    【その5】痛みを与えてみる。
    【その6】メントールを使ってみる。
    【その7】目薬をさしてみる。
    【その8】好きな香りを嗅いでみる。

  5. メンタル
  6. 【その9】印象的な出来事を事細かに思い出してみる。
    【その10】頭の中で音楽を奏でる。
    【その11】好きな人のことを考える。

  7. 動き
  8. 【その12】手や指を動かしてみる。
    【その13】姿勢を正してみる。
    【その14】変顔をしてみる。

  9. 体温調節
  10. 【その15】身に着けているものを脱いでみる。
    【その16】首筋を冷やしてみる。

いかがでしたでしょうか。

私自身、ここ最近の眠気に困っていたわけですが、上記の方法を実践することで、かなり眠気を和らげることができましたよ。

これからの季節、もっともっと眠たい状況が、あなたを困らせるかもしれません。

そんな時に、今回ご紹介した「眠気を吹き飛ばす方法」が、少しでもお役に立てたら幸いです。