ついに来てしまいましたね、この日が・・・。

今回のプリキュアちゃんのアニマルスイーツはマカロンです。
ひーっ(;・∀・)むり・・・ぜったいむり・・・

とか言いつつスーパーで材料を探してしまう私(;´∀`)
もうプリキュアのスイーツも5回目だしね、やってやるか!!と。

ちなみにですね~、今回とんでもない失敗をしておりますのであしからず。
でもなんとか挽回したっていう・・・乞うご期待!!(笑)


ではでは、キラキラ☆プリキュアアラモードの第5話(2017/3/5放送)のスイーツ、


出典:アニマルスイーツレシピ/©ABC-A・東映アニメーション

「ねこマカロン」作っちゃうよ~!!

♪♪レッツ・ラ・クッキング~(^^♪


スポンサーリンク


準備

用意した材料はこちらです!!



ふふふ・・・・( ̄▽ ̄)

おわかりでしょうか?

卵の数・・・なんと15個!!!

公式レシピ通りに材料をそろえた結果です・・・。

マカロン1個に卵白1個使うのか~、マカロンってすごいな~~~っ!!って・・・アホな私はちゃ~んと真面目にそろえたわけですが・・・w


出典:アニマルスイーツレシピ/©ABC-A・東映アニメーション

ね?ね? 書いてあるでしょ、15個って!!約35gって書いてあるけど、Mサイズの卵1個の目安かと思うじゃない?

本当は1個ですよ。レシピ作成された方のタイプミスですねたぶん。これから作ろうと思っている人は気を付けてくださいね~。

パパには「常識で考えて一般家庭で作ることを想定したレシピでそんなに卵使うわけないでしょ・・・」

と呆れられましたよ(;´∀`) ははは。

で、残念なことに今回、私途中までこの材料で作ってますから!!(;´∀`)
いかに軌道修正したかを見守りながらご覧くださいwww


というわけで、プリキュアの公式ホームページのレシピと、こちらの公式動画を見ながら作りました~♪(動画のほうは らんぱく1個分 ってなってますよ~)


マカロン作り

さてさて、プロでも難しいというマカロン作り。
さっそく ど~しよ ってなりましたw



アーモンドプードルをふるいにかけると、ふるいにめっちゃ残る!!
斜めに傾けるとその量がわかるでしょ?
スプーンでおしつけてみたりしたけど、これ限界・・・。
レシピのアーモンドプードルの量はここで減ることも見込んでの量なんだろうか・・・。
きっとそうなんでしょう!!ということでもったいないけど、ふるいに残った粉は捨てました。←あとで思ったのですが、これめっちゃもったいないので、乾煎りしてトーストに乗せるとかして食べればよかったよ~(≧◇≦)
(後日マカロン作りをネット検索していたら、細かい目のふるいではなく目の粗いザルでふるうのがいいと書いてあるのを見つけました。ご参考までに。)

で、いよいよメレンゲを作るということで、問題の卵白ですが・・・。



多い!!!卵こんなに割りまくったの初めてっていうくらい割ったぞ(^^;)

いつも通りダブルアクションホイッパーでまぜまぜしましたが、さすがにこの量はそう簡単には無理よ~~~(>_<)



泡立ってくると、さらに嵩が増えてくるのでボウルでは限界・・・。
うちには大きなボウルはありません・・・なので、水切りかごの器の部分を使用することに!!

水切りかごってね、底の真ん中の部分に突起が付いているんですよ。そこに当たらないようにまぜなきゃいけないので、これまたしんどかったです・・・(T_T)

でもなんとかだいぶ泡立ちました。



30分くらいまぜ続けた気がしますよ・・・。これ、いつになったらつのがピンと立つメレンゲになるんだろう・・・。

しかし、ここで気が付いたわけです。
なんぼなんでもこのボリュームはおかしいぞ、と。

でもレシピを見る限りでは判断ができなかったので、動画を細部までじっくりと見ましたら、「らんぱく1コ分」の文字が。

きゃぁ~~~~~~~(@_@;) オーマイガー!!!

というわけで、泣く泣く分量を修正することになりました。
レシピには約35gとあるので、小さいボウルに計り入れました。



残った卵白と、その分の黄身の行く末を案じながらw、メレンゲ作りを再開しました。

ちなみに・・・もうこの時点でハピ子(4歳娘)いませんから!!(笑)
レッツラクッキングー♪ レッツラまぜまぜ~♪ とかいいながら、はじめは一緒にやっていましたが、15個分の卵白を混ぜている間にどこかへ去っていきました・・・・。まー、そうだよね(^^;)

で、ダブルアクションホイッパーのおかげで、1個分の卵白はあっという間にメレンゲになりましたよ♪



でもね~、つのは立てども、なんかクリーミーさに欠けるんだよね・・・。←この答は後で判明しますw



青と赤の食用色素を水と混ぜて、紫色を作ってメレンゲに混ぜ込みました。
この後のマカロナージュという作業で色が濃くなるということだったので薄めにしておきました。


で、ここで重要なことに気が付いたのです(@_@)

卵白15個に分量のグラニュー糖を混ぜて泡立て、途中で卵白は1個分だと気づいたということは・・・。
グラニュー糖が足りてない!!!

ちーん(-_-)

だからメレンゲがクリーミーな感じにならなかったのね!!
というわけで、分量のグラニュー糖30gを15で割って、卵白1個あたり2g。
2g×14で、不足しているグラニュー糖はおよそ28g。だよね、きっと・・・。



すでに色付けしてあるメレンゲに砂糖を追加で投入するというなんとも情けないこの感じ・・・。お菓子作り初心者だからゆるしてねw

で、ガツガツ混ぜて良い感じになったところで、アーモンドプードル投入!!



ここからが、とても難しいとされるマカロナージュという作業なんですが・・・

もうここまでで私はヘトヘトになってましたよ(笑)

しかし、色つけ作業の辺りからハピ子もキッチンに戻ってきてくれたので、2人で楽しくマカロナージュしました。
マカロナージュってなんか響きがカワイイね(´艸`*)



ボソボソしているのが次第にりぼん状に滑らかになってきたのでこれで完成。
マカロナージュすると色が少し濃くなるって書いてあったけど、あんまり濃くなった印象はなく・・・くすんだ(T_T) 粉末色素はにごりやすいって書いてあったのはこのことか・・・。

デコレーション

完成した生地を絞り袋に入れて絞り出し、オーブンで焼きました。



わぁ♪ふくらんでる(≧▽≦) 
端のほうはオーブンの天板の溝のせいで斜めになっちゃってるけど、ヒビはないし、一応うまくいったってことかな??

色はさらにくすんで、紫というよりは青っぽいグレーな感じになってしまいました(^^;)




中に入れるクリームを作るためにバターと砂糖をまぜまぜ。
そしたら、上の写真のように泡だて器の中に入ってしまって全然混ぜられない・・・なぜ・・・。
しょうがないので、最終的にはスプーンで混ぜました(;´∀`)
クリームチーズと食用色素も加えてスプーンでまぜまぜ。
でもちゃんとクリームになりましたよ♪



木苺のジャムを真ん中にのせて・・・



先ほど作ったクリームをギューっとしぼりました。



サンドしたら・・・マカロンっぽくなった!!わーい(*^▽^*)

最後はもちろん、ネコちゃんのデコレーションを施しましたよ♪



おおお!!結構かわいくなった~~~(^^♪



ハピ子もニッコリです♪ 
ここに至るまでのママの苦労もわかってほしいぞ!

で、食べてみましたが、あれれれ・・・



中がめっちゃ空洞になってました~(;´∀`) 
なにこれ~~~wwwバリバリなんだけど~~~www
やっぱりそう簡単にはマカロンづくりは成功しないってことだね(^^;) 

でも、味はなかなか美味しかったですよ(*^-^*)
アーモンドの香りが良くて、ジャムとクリームとの相性がよくてとっても美味しかったです♪

☆★☆まとめ☆★☆

いやいやいやいや・・・・。

今回はなんといっても分量の間違いがキツかったですね(;´∀`) 
イメトレしないでぶっつけ本番 という雑な性格があだとなりました。お恥ずかしい(/o\)

ひまりちゃん(キュアカスタード)の「スイーツは科学です!」が胸に突き刺さりますw
分量はちゃんとしないとね!!

さて、次回はショコラか。
チョコなら楽にできそう~♪とか思ってたら、家みたいな形になってるチョコの中身がブラウニーって!!
オンエアすでに見ましたけど、ブラウニー作ってるシーンあった?なかったよね?たぶん。


凝ってる・・・凝ったスイーツばっかりや・・・。たまには簡単なのにして・・・(;´∀`)

余談ですが、今回のメレンゲ作り(卵白15個のw)で腱鞘炎になりました・・・。
これ以上泡立てたら悪化する・・・1週間しっかり休ませよう・・・( ;∀;)

さらに余談ですが、余った卵白と黄身でオムレツ作りましたが、めっちゃ甘かった!!!余った卵白に砂糖入ってるんだった・・・(*_*; 残りはパンケーキにします(*´з`)



≪ねこマカロン≫(公式レシピの難易度:★★★+)

※公式レシピは3点満点表示ですが、自己採点は5点満点で表示しています。

~本日の出来栄え(*^-^*)~
作ってみた難易度:★★★★★+(いつかリベンジしてやるっ)
見た目の美しさ:★★☆☆☆(なんとも暗い色のマカロンになってしまった・・・)
美味しさ:★★★☆☆(ハチャメチャな作り方とあの見た目にしては美味しかったよ♪)
満足度:★☆☆☆☆(ごめんなさい。疲れた・・・。ハピ子的には★5つ。)

改善の余地:ありすぎ(笑) 卵白は1個分。紫色はもっと濃く。etc・・・